天気予報

34

25

みん経トピックス

高松でサブカルイベント飲食接客のおもてなし日本一

JR予讃線に新「アンパンマン列車」 「虹の架け橋」コンセプトに

JR予讃線に新「アンパンマン列車」 「虹の架け橋」コンセプトに

白い車体に鮮やかな「虹」を描き、アンパンマンなど同作の登場キャラクターをデザインする。(JR四国提供)

写真を拡大 地図を拡大

 JR四国が3月26日、ダイヤ改正に伴い予讃線で新しい「アンパンマン列車」の運転を始める。

外装の「虹」を取り込んだカラフルな空間の「アンパンマンシート」

 同線ではこれまで、2000系特急気動車によるアンパンマン列車が走っていたが、今回のダイヤ改正で「いしづち」「しおかぜ」から同車両が撤退するため、それに替わる新しいアンパンマン列車の登場となった。

 新列車のコンセプトは「虹の架け橋」。8000系特急電車をベースに、白い車体に鮮やかな「虹」を描き、アンパンマン、バイキンマン、同作の登場キャラクターをデザインする。同列車の1号車の車内一部区画は、外装の虹のデザインに合わせたカラフルな空間に仕上げた「アンパンマンシート」を備える。デッキ、洗面台、トイレなどにも、アンパンマンの世界観を展開する。

 同列車は、高松~松山の特急「いしづち」として1日3往復、岡山~松山の特急「しおかぜ」として1日2往復運転する。

グローバルフォトニュース