天気予報

17

16

みん経トピックス

高松でまち巡りツアー高松でまち歩きイベント

「さぬきうどんタイムカプセル」イベント 大正時代と近未来のさぬきうどん食べ比べ

「さぬきうどんタイムカプセル」イベント 大正時代と近未来のさぬきうどん食べ比べ

昨年の「さぬきうどんタイムカプセル」会場の様子

写真を拡大 地図を拡大

 香川・坂出の製粉会社、吉原食糧(坂出市林田町)が11月3日、さぬきうどんの歴史をたどりながら未来を提案するイベント「さぬきうどんタイムカプセル」を同社工場敷地内で行う。

昨年のうどん食べ比べコーナーの行列

 同イベントは今回で10回目。うどん県・香川の製粉会社として県産小麦とさぬきうどんの普及に取り組むために2007年から定期開催している。

 イベント内容では、当時の水車製粉と同じように石臼でひいた「復元小麦粉」を使うことで大正時代のうどんを再現。さぬきうどんの原点ともいえる小麦の濃い香りが楽しめるほか、かんだときに「跳ねるような弾力性」を持つように改良が加えられた近未来の「さぬきうどん」も登場する。

 「懐かしさ全開!昭和レトロ」のコーナーでは、ゴジラ、ガメラ、鉄人28号、ウルトラマン、マジンガーZなど人間サイズの大型フィギュアや昭和の茶の間を再現。小麦粉製品とこだわりうどん関連グッズの販売、「伊吹いりこ」「地元産新鮮野菜」県産品食材の販売、地元企業が運営するクレープ、唐揚げ、コロッケなどの販売、ライブ演奏、自転車紙芝居などが行われる。

 開催時間は10時~14時。参加無料(うどんは1杯100円)。定員は各うどん先着約1200人(マッスル麺は別途100食)。問い合わせは吉原食糧(TEL 0877-47-2030)。

グローバルフォトニュース