見る・遊ぶ 学ぶ・知る

ライトアップ期間中の栗林公園で和楽器演奏会「深みゆく秋によせて」

三味線を演奏する「和の調べ~飛天の会~」のメンバー

三味線を演奏する「和の調べ~飛天の会~」のメンバー

  • 57

  •  

 夜間ライトアップ点灯期間中の香川県の名勝・栗林公園(高松市栗林町)内の「掬月亭」で11月23日、和楽器演奏会「深みゆく秋によせて」が行われた。

尺八奏者 坂田梁山さん

[広告]

「かがわ文化芸術祭2021」参加公演の一つで、香川県を拠点に活動する音楽団体「和の調べ~飛天の会~」が主催し、ゲストに、香川県出身で都山流本曲コンクール金賞の尺八奏者・坂田梁山さんを招いた。公演では尺八や箏、三味線が合奏し、最大7人の出演者が登壇。全12曲を演奏した。

公演の中で坂田さんは「香川は本当に良いところ。こうやって自然豊かな栗林公園の中で尺八を吹ける喜びをかみしめながら演奏している」と思いを述べた。

 公演には海外出身のメンバーも参加。オーストラリア出身で今回が初の出演となるイザベラ・オルジャスさんは「音色の美しさに引かれて和楽器を始めた。習い始めて1年、初めてのステージかつ、全体で合奏できたのは今日が初めてということもあり、開始時は緊張したが、演奏しているうちに楽しさが勝った。和楽器の他に茶道も習っている。今後も上達できるよう続けていきたい」と意気込みを見せる。

 同団体代表の木村西葉さんは「香川県出身で、全国でも活躍する坂田さんと一緒に演奏できたのは光栄でうれしいこと。栗林公園をはじめ、香川県内での演奏活動やユーチューブへの投稿などもしてきたが、ここしばらくコロナ禍で思うように活動できない日が続いた。来年はまた元のように活動できれば」と話す。

 栗林公園のライトアップ点灯時間は17時~21時(入園は20時30分まで)。入園料は、大人=410円、子ども=170円。11月28日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース