天気予報

19

17

みん経トピックス

香川三豊で櫓を囲む仁尾踊り高松・女木島でカレー対決

地域商社「瀬戸内うどんカンパニー」CUO=最高うどんビジネス責任者決定

地域商社「瀬戸内うどんカンパニー」CUO=最高うどんビジネス責任者決定

三豊市の横山忠始市長と「瀬戸内うどんカンパニー」創設メンバー

写真を拡大 地図を拡大

 香川県三豊市と「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー実行委員会」が三豊市役所危機管理センターで8月25日、今年4月より全国公募を行ってきた地域商社「瀬戸内うどんカンパニー」のリーダーとなるCUO(最高うどんビジネス責任者)決定に伴う会見を行った。

「瀬戸内うどんカンパニー」初代CUOの北川智博さん

 三豊市で継続的に物が売れ、誘客できる仕組みづくりの構築をするために、「瀬戸内うどん文化」をキーワードに地域内外に価値を作り事業を創造していくことが目的の同社。

 初代CUOに選ばれたのは高知県出身の北川智博さん(31)。北川さんは、プロモーションプロデュース、EC事業・貿易事業立ち上げ、SNSマーケティング専業のベンチャー企業を経て、2016年に地域産品をプロデュースする「MISO SOUP」(東京都目黒区)を立ち上げ、全国の1次産業の法人や個人などに対して、地域産品の6次産業化をワンストップで支援してきた経歴を持つ。

 北川さんは「地域の皆さんと一緒に三豊市の魅力をつくっていけるように、仲間に入れてもらえるように誠心誠意頑張っていきたい」と意気込みを話す。

 今後は、9月に三豊市内で法人設立を行い、CUOを中心に、三豊市と実行委員会に属する27の企業・団体の両者で事業化の支援を行っていく。本年度は、実行委員会会員企業である「CAMPFIRE」(東京都渋谷区)のクラウドファンディングを活用し、商品開発事業、うどんHouse事業、ツーリズム事業の3つを展開する予定。

 同市の横山忠始市長は「私たちはチャレンジこそが地方創生であると考えている。これを機に大胆にチャレンジしていきたい。また、『稼ぐ』ということに力点を置いて、三豊市としてCUOを全面的にバックアップしながら、これからの地域づくりの新しいムーブメントとして同社が活躍してくれたら」と期待を込める。

グローバルフォトニュース