天気予報

20

15

みん経トピックス

高松でLGBTトーク企画瀬戸内うどんカンパニー始動

香川県三豊市で仁尾の夏祭り 櫓を囲む仁尾踊りが復活

香川県三豊市で仁尾の夏祭り 櫓を囲む仁尾踊りが復活

仁尾町伝統の盆踊り「仁尾踊り」

写真を拡大 地図を拡大

 三豊市のシェアビレッジ仁尾・松賀屋(三豊市仁尾町)で8月26日、「櫓(やぐら)をかこむ仁尾の夏祭り」が開催される。

 同施設の運営も手掛ける一般社団法人「誇(ほこり)」(三豊市仁尾町)が、「仁尾を支える人材が育つ土壌づくり」をミッションに掲げる同町で、昔はよく見掛けた櫓を建てた盆踊り大会を再現しようと企画した。

 同祭りでは、同施設の広場に櫓を建て、同町に伝わる伝統の盆踊り「仁尾踊り」を行う。同施設の家守(やもり)を務める佐藤はなさんによると、同踊りはかつての町民なら誰でも踊ることができたという伝統の踊りであったが、祭りがなくなった現在は踊れる人も少なくなっているという。同踊りを脈々と受け継いできた仁尾踊り保存会が中心となり、地域住民と練習を重ねた成果を同祭りで披露する。当日は参加者に保存会によるレクチャーも行われる。

 佐藤さんは「町内のたくさんの方々の協力で作り上げた夏祭り。松賀屋の広場に明かりがともり、たくさんの人でやぐらを囲めることを楽しみにしている」と話す。

 まちづくり推進隊仁尾観光部会や地域住民による縁日の出店などもあり、「誰でも参加できる祭りなので気軽にのぞきに来てほしい」とも。

 開催時間は17時30分~21時。入場無料。雨天の場合は翌日に延期。

グローバルフォトニュース