天気予報

35

26

みん経トピックス

高松で児童らが職業体験うどん店年末年始の営業状況

高松で映画「宵闇のリューゲ」上映会 制作関係者舞台あいさつも

高松で映画「宵闇のリューゲ」上映会 制作関係者舞台あいさつも

上映後の舞台あいさつの様子

写真を拡大 地図を拡大

 情報通信交流施設「e-とぴあ・かがわ」(高松市サンポート2)で12月17日、かがわ文化芸術祭2017出品作品「宵闇のリューゲ」上映会が行われた。

釜次智久監督

 同映画は、香川県内の映像・放送分野の活性化と人材の育成を目的に展開する、さぬき映画祭連携 映画製作補助事業の一環として、同県在住のスタッフが制作した。ストーリーは、地方タウン誌の記者・唯が、憧れの先輩・航と、虚実交じり合うバー「リューゲ」を訪れ、唯がついたうそから意外な展開が巻き起こっていく。

 同映画は、さぬき映画祭の第1回シナリオコンクールの大賞受賞作品を原作に映像化。さぬき映画祭2013グランプリ受賞作品「The lion dance しあわせ獅子あわせ」を手がけた釜次智久さんが監督を努めた。原作は新田綱志さん。出演は、沙倉ゆうのさん、森友樹さん、アンスコム江莉奈さん、石垣のぼるさん、土屋翔さんほか。

 当日は、上映後に舞台あいさつが行われ、釜次監督、原作者の新田さん、出演者の沙倉さん、森さんらが登壇。釜次監督は「60分と短く、少し不思議な感じで終わらせた映画だったが、香川の魅力をしっかり伝えられたと思うし、楽しんでもらえたようでよかった」と話した。

 参加したさぬき市在住女性の一人は「制作期間が5日間と聞いて驚いた。見慣れている風景が作品の中に出てくると楽しかった」と笑顔を見せていた。

グローバルフォトニュース