天気予報

23

16

みん経トピックス

高松でシェアスペース始動丸亀でハンドメードイベント

高松の商店街に1週間限定の雑貨店 作家が日替わりで店番

高松の商店街に1週間限定の雑貨店 作家が日替わりで店番

買い物客で賑わう「常磐街マルシェWEEK」店内

地図を拡大

 6人のハンドメード作家の作品が集まった雑貨イベント「常磐街マルシェWEEK」が7月16日、高松中央商店街の南部3町ドーム「マチカド・プラザ」(高松市田町)で始まった。

初日の店番を担当したmaron-bakeryさんの作品

 コンセプトは「1週間限定の雑貨店」。毎月第3日曜日に常磐町商店街で「常磐街マルシェ」を開催している常磐街マルシェ実行委員会が企画。常磐町・南新町・田町の3商店街が交わる南部3町ドーム横に6月、商店街の活性化拠点施設として同施設が整備したことから実現した。

シェアショップ型の運営方法をとり、出店作家が日替わりで店番を担当する。同実行委員会メンバーは「平日のマルシェイベントはこれまで難しかったが、シェアショップ方式により実現できた。1週間あるので、これまで日曜日には来られなかったお客さまにも遊びに来てもらえるのでは」と初の平日開催に期待を寄せる。

 16日に店番を担当した作家のmaron-bakeryさんは「本当の雑貨屋さんみたいで、いつものオープンスタイルのマルシェとはまた違うすてきな空間になった。かわいい雑貨がいっぱいなので、ゆっくり買い物を楽しんでもらえたら」と話す。

 開催時間は12時~18時。火曜は休店日。入場無料。今月22日まで。

グローバルフォトニュース