天気予報

35

27

みん経トピックス

丸亀でハンドメードイベント高松の商店街で木工教室

高松・常磐町に複合店 ジェラテリア・ピッツェリアと肉バル

高松・常磐町に複合店 ジェラテリア・ピッツェリアと肉バル

McQueen(マックィーン)店舗外観と菊池社長

写真を拡大 地図を拡大

 高松・常磐町に7月28日、ジェラード・ピッツア&肉バル「森のジェラテリアMUCCA(ムッカ)・森のピッツェリアVACCA(バッカ)&McQueen(マックィーン)」(高松市常磐町1、TEL 087-833-2986)がオープンした。

McQueenメニューのロースとビーフ

 「森のジェラテリアMUCCA・森のピッツェリアVACCA」は三木町にある牧場直営のショップ。今回、地産品をメインに提供する「肉バルMcQueen」とコラボし、昼はジェラードとピッツア、夜は牛・豚・鶏、それぞれを生かした料理を提供する。席数は1階・2階合わせて60席。

 昼メニューは、MUCCAの定番ジェラード「フレーバー」(350円)10種類、VACCAのピッツァ(600円)5種類、パンツェロッティ(500円)10種類、ウーロン茶やオレンジジュースなどのドリンク各種(300円~650円)。夜メニューは、国産牛のローストビーフ(50グラム、780円)、牛タンのピクルス(580円)、肉屋の粗びき和牛ハンバーグ(980円)、オリーブ豚のポークステーキ(100グラム、1,180円)、神戸モゴットのソーセージ(1本280円)、ローストポーク(50グラム、480円)、ラクレットチーズセット(2,180円~2,780円)3種類、一口ローストビーフ丼(980円)などを用意する。

 経営するブロエンザイムの菊池誠二社長は「この商店街は、今はシャッター街になっているが潜在能力はある。若い人にたくさん集まってもらえるような魅力的な店作りをしていきたい」と話す。「さらに地産品を生かした新しい形の『食』を近隣に展開していきたい」とも。

 営業時間は、MUCCA・VACCA=11時~18時、McQueen=18時30分~22時。

グローバルフォトニュース