天気予報

36

27

みん経トピックス

香川の公園でスカイランタン瀬戸大橋線30周年記念企画

高松で「介護士シンガー・ソングライター」のミニライブ 介護従事者の思いを歌に

高松で「介護士シンガー・ソングライター」のミニライブ 介護従事者の思いを歌に

前回のライブの様子

写真を拡大 地図を拡大

 ライブバー「LAFONTAINE(ラフォンティーヌ)」(高松市亀井町)で2月11日、シンガー・ソングライターかんのめぐみさんによるトークライブ「歌で紐(ひも)解くあなたのアナザーストーリー ~介護従事者編~」が開催される。今回が2回目。

 かんのさんは、介護福祉士に従事しながらアコースティックギター弾き語りスタイルで地元・香川県を拠点に県内外で活動する「介護士シンガー・ソングライター」。これまで約20曲を作詞・作曲。代表曲は「トナリの長屋」「ただいま、さよなら」など、仕事を通してコミュニケーションを取ってきた高齢者の歴史を歌にしてきた。

 当日は、ゲストとして竜雲学園(高松市仏生山町)の田井貴さん、サポートゲストとして介護士やアロマセラピストを迎え、「介護従事者の視点から見えるもの」をテーマにトークセッションやミニライブを行う。田井さんのことを書き下ろした歌をはじめ、ほか5曲を披露する予定。

 かんのさんは「田井さんは、家族みんなでおばあちゃんの介護を自宅でしていた。それはみんなの関係がとても良かったからこそ、やっていけたのではないかと感じた。田井さんの話の中から見えてきた、人と人との関係性から生まれるぬくもりに心を打たれるものがあり、今回ゲストとして来てもらった」と話す。

 ライブでは、歌とアロマを使って田井さんの「アナザーストーリー」を表現するという。

 かんのさんは「前回は想像以上に反響が良かった。ゲストを誰か決めて、その人に対してみんながアプローチしていく様子が面白かった。今回、実験的に交えるアロマでお客さんの心をさらにつかめたら」と意気込む。

 開催時間は20時~22時30分(19時30分開場)。入場料は1,000円+ドリンク代。定員は30人。

グローバルフォトニュース