天気予報

19

11

みん経トピックス

高松の商店街で公開討論宇多津町に歯科運営の保育園

SNSの投稿写真がポスターになるかも 高松の商店街がキャンペーン

SNSの投稿写真がポスターになるかも 高松の商店街がキャンペーン

「#デリシャス瓦町」を付けた投稿を呼び掛けるポスター

写真を拡大 地図を拡大

 高松市の南新町・田町・常磐町の3商店街は9月3日、SNSを使った「#デリシャス瓦町」キャンペーンを始めた。

 企画したのは、3商店街が出資する共同事業会社「高松南部3町商店街プロジェクト」。同商店街や瓦町周辺の飲食店で食事をした際、SNSへ「#デリシャス瓦町」と店舗名のハッシュタグを付けて投稿することを呼び掛ける。

このハッシュタグを付けて投稿された写真の中から、キャンペーン協力店の店主が「お気に入り」の写真を見つけると「お店賞」を授与。選ばれた写真は商店街のポスターに採用し、店舗や商店街に掲出する。

 キャンペーンを企画した同社の佐藤りささんは「家族で食事をしていたときに写した娘がおいしそうに食べている写真を後で見て、すごく幸せな気分になった。これをキャンペーンにしたら、皆さんにも幸せな気分になってもらえるんじゃないかと思った」と話す。「みんなが同じハッシュタグをアップすることで、まちのおいしいグルメ情報ももっと探しやすくなるので」とも。

 対象となるSNSはインスタグラム、ツイッター、フェイスブック。お店賞は10月31日までの投稿が対象。

グローバルフォトニュース