天気予報

11

5

みん経トピックス

JRアンパンマンカー一新琴平に外国人向け観光案内所

香川の古民家に地域で輝く「四国女子」集結 四国4県のつながり育む

香川の古民家に地域で輝く「四国女子」集結 四国4県のつながり育む

第1回四国女子会の様子

写真を拡大 地図を拡大

 香川県三豊市の古民家「松賀屋」(香川県三豊市仁尾町)で11月18日・19日、「四国女子会-私らしく夢に近づくための、一歩をふみ出す2日間-」が開催される。

 地域活動やローカルビジネスなど、地域でさまざまなアクションに挑戦している20代・30代の四国の女性が集まり、これからの女性の新しい生き方・働き方を形づくる同イベント。これまでは高知県で開かれ、3回目となる今回初めて香川県での開催となる。

 結婚や出産や子育てなど、ライフステージの変化が大きい女性たちに、「結婚・出産・子育て」と「自身の夢・活動」の両方と向き合い、「女性らしく生きること×自分の夢の実現」という生き方の実現をサポートするのが目的。

 主催の滝かなえさんは「働いている女性の『子どもを産みたい』という気持ちは大切にしなければならないと思う。これまでの行政主体の女性企業支援には少し息苦しさを感じる部分がある。女性としてのライフステージと向き合いながら夢をかなえることができる場所をつくりたかった」と話す。

 ゲストとして、「Limone」(愛媛県今治市)の山崎知子さん、「男木島図書館」(高松市男木島)の福井順子理事長、「ノヤマカンパニー」(愛媛県西予市)の加藤千晴さん、「西岡産業」(徳島県徳島市)の西岡さち子さんなど、四国で活躍する8人が参加。2日間にわたってグループトークやゲスト講演、交流会などを展開する。

 滝さんは「夢をかなえるということは決して簡単なことではないが、結婚・育児を経験しながらも、夢をかなえられる方法はあるはず。この四国女子会が、自分のペースで自分らしい一歩を踏み出せるきっかけになれば」と期待を込める。

 開催時間は18日=13時30分~19日12時30分(開場は18日13時)。参加費は5,000円。定員は30人程度。申し込み受け付けは10月31日まで。

グローバルフォトニュース