天気予報

19

11

みん経トピックス

高松の商店街で写真展高松・塩江にサーカス基地

高松中央商店街で写真展「今昔めぐり」 昔懐かしい写真集める

高松中央商店街で写真展「今昔めぐり」 昔懐かしい写真集める

昔懐かしい写真がたくさん集められた「マチカド・プラザ」内

写真を拡大 地図を拡大

 高松中央商店街の田町・南新町・常磐町の3商店街で10月22日、昔懐かしい写真を集めた写真展「かわらまち今昔めぐり」が始まった。

商店街の店内でも昔懐かしい商店街の姿を展示(大山メガネ)

 同展は、お盆期間、商店街が来街客に商店街の魅力を自由に描き込んでもらう掲示板企画を実施したところ、昔を懐かしむ書き込みがたくさん寄せられたことに応え企画した。

 メイン会場は3商店街の交差部にある「マチカド・プラザ」(高松市田町)。商店街が保有する写真・資料に、高松市歴史資料館から借り受けた貴重な写真も合わせた約50点の写真や資料を展示している。

 同展では老舗が多い商店街の特徴にも着目。古くから営業する店にも連携を呼び掛け、10店が協力した。これらの店の店内では各店が保有する昔の写真を展示している。

 「素のままの昔の商店街を見ることができて面白い」と話すのは協力店の一店「大山メガネ」(田町)の水野純永さん。「お客さんも、商店主もみんなが楽しめる企画だと思う。今後もこのような取り組みは継続していくべき」とも。

 同展を主催する高松南部3町商店街プロジェクトのプロジェクトマネジャー、星野行人さんも「老舗が多いこと、歴史があることは商店街の強み。これからの時代は一つのコンテンツにもなる。歴史と店をつないで、いろいろなことを継続して企画していけたら」と話す。

 メイン会場の開館時間は11時~18時。協力店は各店の営業時間に準じる。入場無料。今月28日まで。

グローバルフォトニュース