天気予報

11

5

みん経トピックス

琴平に外国人向け観光案内所高松に学生限定カフェ

高松で「糞土師」が講演「うんこはごちそう」 地元学習塾が企画

高松で「糞土師」が講演「うんこはごちそう」 地元学習塾が企画

濱川武明代表(右端)とその生徒ら

写真を拡大 地図を拡大

 高松市の「濱川学院」(高松市常磐町、TEL 087-880-5728)が11月5日、「瓦町FLAG」(高松市常磐町)でリベラルアーツ講座 特別講演会「うんこはごちそう」を開催する。

 同塾の濱川武明代表が、多くの人に学問だけでなく一般教養も身につけてほしいとの思いから開いている同講座。これまでに「国際バカロレア講座」などを行い、今回で3回目となる。

 当日は、菌類と隠花植物(キノコ、コケ、変形菌など)の写真家で「糞土師(ふんどし)」を名乗る伊沢正名さんを講師に招き、自然環境保護の観点から、植物などの無機物から有機物をつくる「生産者」、動物などの有機物を取り入れている「消費者」、生物の死骸や排泄物に含まれる有機物を取り入れている「分解者」で成り立つ自然界の「循環と共生」について講演を行う。

 濱川さんは「これから社会に出ていく学院生に、学力だけではない思想を持たせたい。講演を通じて、『言語=学問』という先入観を払拭し、大学入試の枠を超えて『リベラルアーツ』をいち早く学んでほしい」と話す。

 開催時間は16時~18時。定員90人(要予約)。入場無料。

グローバルフォトニュース