天気予報

8

2

みん経トピックス

屋島の小学生がツアー企画香川で校外教育の奨学生制度

高松藩を舞台とした創作舞踊「松の契り」、高松の料亭で初披露

高松藩を舞台とした創作舞踊「松の契り」、高松の料亭で初披露

高松藩を舞台にした創作舞踊「松の契り」

写真を拡大 地図を拡大

 高松の「料亭二蝶」(高松市百間町)で11月18日、「舞と本格日本料理の夕べ」が開催された。主催は花まつりお城下活性化実行委員会。

再現された本膳料理

 同イベントは、同市の歴史や文化を生かして地域を盛り上げる目的で、「歩く」「味わう」「学ぶ」の3つをテーマに開催された「高松城下町歴史再発見プロジェクト」のうちの一つ。

 当日は「高松藩の歴史を味わう」をテーマに、幕末の高松藩を舞台にした松平頼聡と井伊直弼の娘・弥千代姫の純愛物語をモチーフにした創作舞踊「松の契(ちぎ)り」が披露された。作曲は木村園代さん、作詞・振り付けは藤間勘雅智枝(かがちえ)さんが担当。当時、殿様が食べていたとされる料理を同店が再現した本膳料理も振る舞った。

 同日、高松中央商店街を中心とした「お城下クイズラリー」や丸亀町レッツホールで「ここまでわかった高松城天守」と題した講演会なども同時開催された。

 同委員会代表の寒川かおりさんは「この高松はお城とともに発展してきた城下町だった。このプロジェクトを通して、ますます発展し元気になっていけば」と期待を込める。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング