天気予報

8

2

みん経トピックス

レインボー通りでイルミ点灯高松の洋菓子店が新商品

香川で丸亀のインバウンド観光考えるワークショップ 地元民らがツアー企画提案

香川で丸亀のインバウンド観光考えるワークショップ 地元民らがツアー企画提案

ワークショップの様子

写真を拡大 地図を拡大

 香川・丸亀市生涯学習センター(丸亀市大手町)で12月5日、JNTOインバウンドワークショップ「外国人目線で見た丸亀の魅力を伝えるインバウンドプロモーション 初めの一歩」が開催された。主催は「日本政府観光局(JNTO)」。

日本政府観光局(JNTO)理事の山崎道徳さん

 現在のインバウンドを取り巻く環境や、丸亀のこれまでの取り組みを踏まえながら、訪日インバウンドに対してのプロモーション活動の促進、具体的なアイデアの創出を目的とした同ワークショップ。ファシリテーターを創造開発研究所の髙橋誠会長、座学講師をJTB総合研究所の後藤直哉さん、JTBコミュニケーションデザインの久野道広さん、外国人視点のアドバイザーをフリーライターのノーアム・カッツさんが務めた。

 開会に当たり、同局理事の山崎道徳さんは「訪日外国人を呼び込むにはクレジットカード決済やWi-Fiなどのインフラ、言語、交通機関などさまざまな項目が必要条件として挙げられる。丸亀の地域資源を外国人に響くよう磨き、十分条件を作り上げてほしい」と呼び掛けた。

 参加者は6つのグループに分かれ、「丸亀市のインバウンドプロモーション」をテーマに、ターゲットや観光資源の選定、プロモーションの手段を座学で学び、各グループ内で発想・討議の後、ツアー企画を立案した。ターゲット選定についての座学を担当した後藤さんは「外国人だったらどう思うかが大切。今あるものをどう組み合わせてどうやって発信するかを話し合ってほしい」と話した。

 観光資源の選定では「丸亀城」や「うちわ」「中津万象園」「骨付き鳥」などが挙げられ、フォトジェニックを意識した「#(ハッシュタグ)setouchi gram」、「何ができよんな?」を合言葉にいろいろな「コト」を体験する「なんができよんな MARUGAME」などのツアー企画が発表された。

 山崎さんは「丸亀の人の気質なのか、コンセプトが明確でターゲットに直球を投げ込むような企画ばかりですてきだった。これで終わりではなく、このアイデアをさらに磨いてプロモーションしていってほしい」とエールを送る。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング