天気予報

23

18

みん経トピックス

高松の商店主がロックスター高松でTシャツ写真展

高松の商店街が地元イラストレーターと「花柄」でコラボレーション

高松の商店街が地元イラストレーターと「花柄」でコラボレーション

いとまさんのイラストと商店街の花柄商品がコラボしたキャンペーンビジュアル

地図を拡大

 高松市中心部の南新町・田町・常磐町の3商店街が香川在住のイラストレーター「いとまみき」さんとコラボレーションした「花柄商店街」キャンペーンを実施している。

いとまみき作の女の子とお花のイラスト「とおいひ」

 いとまさんが描いた「女の子とお花」のイラストをモチーフに、全身「花柄」で、春になって華やかなファッションを楽しむ女性をイメージしたキャンペーンビジュアルを制作した。

 モデルは、同商店街にあるうどん店「麺処綿谷」(高松市南新町)の店員が務めた。身につけるアイテムも全て商店街で実際に売られている商品を使ってコーディネートした。

 いとまさんはアクリル絵の具や色鉛筆を使用したイラストを制作している。2017年には第23回「おひさま大賞」優秀賞も受賞。

 同キャンペーンにあわせて、いとまさんのイラスト原画を同商店街のセレクトショップ「Ikedaya」(南新町)で展示販売している。

 いとまさんは「昔から親しんでいる商店街だけにコラボレーションできて嬉しい。商店街の春に色を添えることができたら」と話す。同キャンペーンを企画した高松南部3町商店街プロジェクトの星野 行人さんは「商店街はアパレル店も多い。春になって花柄など華やかなアイテムがそろう商店街をPRしたかった」と話す。「いとまさんの素敵なイラストとコラボすることで、より楽しいイメージを演出できたのではないかと思う」とも。

 同キャンペーンは5月12日まで。原画展示販売は5月6日まで。Ikedayaの営業時間は10時30分~19時30分。火曜定休。

グローバルフォトニュース