天気予報

13

5

みん経トピックス

SNS写真でポスター完成高松の商店街が花柄コラボ

高松の商店主がロックスターに 音楽フェスとのコラボ企画で

高松の商店主がロックスターに 音楽フェスとのコラボ企画で

店主が本気でミュージシャンになりきったコラボポスター

写真を拡大 地図を拡大

 高松市中心部で開催される大型音楽イベント「サヌキロックコロシアム」に合わせて、常磐町・南新町・田町の3商店街がコラボレーションポスターを制作した。

撮影に全面協力した田町商店街の「NOAH’s ARK」もポスターに

 同イベントは、瓦町駅や商店街周辺に点在するライブハウスを結んで開催するサーキット型の音楽フェス。今年で10回目となる。商店街は会場間を結ぶ動線になっており、毎年大勢の参加者でにぎわう。

 両者のコラボレーション企画は3年前に始まり、コラボメニューや協賛セール、インストアイベントなどを行ってきた。今年はこれらの企画に加え、さらに商店街の歓迎ムードを盛り上げようと、商店主自らが登場するポスターを制作した。

 ポスターのコンセプトは「店主が本気で楽しむサヌキロック」。店主がモデルを務め、ロックスターになりきった。企画したのは商店街の若手商店主らで構成する高松南部商店街新世代協議会。楽器提供や演技指導には商店街内のライブハウス「NOAH’sARK」が全面協力した。同協議会のメンバー、同ライブハウスのほか、「肉バルマックイーン」(高松市常磐町)、「八百屋ひとみ」(田町)も参加した。

 同協議会メンバーで自身もモデルを務めた「三びきの子ぶた」(常磐町)の野沢直弘さんは「商店街がみんな一緒にやっている感じを出したかった。思ったより大掛かりな撮影になって自分でもびっくりした」と話す。「商店街の皆さんやサヌキロックに遊びに来たお客さんにも面白がってもらえたら」とも。

 イベントは3月23日・24日に開催。瓦町駅地下広場(常磐町)と南部3町ドーム広場(南新町)のステージは無料で観覧できる。

グローバルフォトニュース