天気予報

35

26

みん経トピックス

JA香川がポイントカード香川のカフェが新メニュー

高松で動物愛護の講演会 ライオンズクラブ100周年記念

高松で動物愛護の講演会 ライオンズクラブ100周年記念

高松北ライオンズクラブの山本悟史会長

写真を拡大 地図を拡大

 かがわ国際会議場(高松市サンポート)で6月3日、動物愛護講演会「命の尊厳と和」が開催される。ライオンズクラブ100周年を記念して「ブリッジハート」との共催。

 主催の高松北ライオンズクラブの山本悟史会長は「香川の犬の殺処分数・殺処分率が共に全国ワーストが続いている状況を少しでも改善するために企画した」と話す。

 講師は公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」の杉本彩理事長。杉本さんは2014年2月に同協会を設立し、現在までにさまざまな動物愛護・啓発活動に取り組んでいる。県内での講演会は今回が2回目。

 講演終了後は、杉本さん、香川県生活衛生課の藤明洋和さん、「waK waK sun」の高井文子さんらで、来年度に完工予定の動物愛護センターについてのパネルディスカッションも行う。施設の概要や今後の展望、他エリアの事例などを議題とする予定。

 山本さんは「まずはより多くの人に香川の現状を知ってほしい。動物を「かわいい」と思う気持ちは大切だが、それに伴う責任というものをしっかり理解してくれる人を増やし、人と動物のきちんとした関係を築いていきたい」と話す。

 開催時間は13時~14時30分(12時30分開場)。入場無料。先着400人。

グローバルフォトニュース