天気予報

8

2

みん経トピックス

香川で校外教育の奨学生制度高松で全国年明けうどん大会

高松シンボルタワーでイルミネーション点灯 ミニ盆栽や讃岐提灯のワークショップも

高松シンボルタワーでイルミネーション点灯 ミニ盆栽や讃岐提灯のワークショップも

イルミネーション「スターライトベール」

写真を拡大 地図を拡大

 高松シンボルタワーで11月23日、イルミネーション「スターライトベール」を中心とした冬のイベント「ILLUMIN★ART(イルミナート)」が開催された。主催は「高松シンボルタワー管理協議会」(高松市サンポート)。

うどん脳と大里菜桜さん

 約4万6000球のLEDを使い、「オリーブタワー」ガラス面の、星や雪の結晶が装飾された約20メートルの青いツリー状イルミネーションの両サイドに、ベールのような流星群の演出を展開した。

 香川大学の学生による讃岐提灯(ちょうちん)を活用した地域復興プロジェクト「TERASU(テラス)」による現代風にアレンジした「讃岐提灯イルミネーション」の展示や、香川の盆栽を国内外にPRするプロジェクト「盆人プロジェクト」による盆栽をモチーフとしたウエアラブルイルミネーションなどの参加型展示装飾も展開。

 当日は、盆人プロジェクト宣伝部長の大里菜桜さんやツルきゃら「うどん脳」をゲストに招いての点灯セレモニーのほか、同プロジェクトらによる提灯やミニ盆栽の製作ワークショップ、香川大学ジャズ研究会「Birdland(バードランド)」によるフリーライブも開かれた。

 市内から参加した26歳女性は「毎年のライトアップを楽しみにしていた。このイルミネーションがサンポートに来るきっかけになった。今後も足を運ぶ人が増えると思う」と話す。

 同イルミネーションは来年2月14日22時まで点灯される。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング